2011年11月24日 (木)

立川談志さん死去

落語の世界ではバクチや吉原にはまり込んで身上つぶした若旦那のハナシはよくあること。そんな若旦那でも知恵者の番頭さんの働きで最後には改心し「おあとがヨロシーようで」となるのも、これまた落語の世界です。これが談志さんのいう『業の肯定』ということなのかな。

今回の井川の若旦那の件、談志さんだったらどうコメントしただろうと興味あるところでした。

あんがい『総額150億円』と聞いた談志さん、『アッパレッ!若旦那!」と誉めたかもしれません。

 ンなことないかッ!!!

2011.11.24(木) 東京新聞

111124_1

それにしても、

  つかってみたいゾッ150億円

     夢でもいいから。

さて、

談志さんの訃報を受けてメディアはしばらく立川談志情報が溢れることになるでしょう。

談志さんの功績などについては事情通にお任せして、ミーハーないちファンとして私なりの追悼動画を公開いたしましょう。

この動画は1981年(昭和56年)3月27日に放送されたNHK特集のLD版を加工した映像。談志さんの狂言回しで、古今亭志ん生の生涯をドラマ仕立てで再現するという動画ですから、志ん生さんの生き様を知り、30年前の談志さんの颯爽としたお姿も見れるという珍しい作品です。

びんぼう一代
〜五代目古今亭志ん生〜

111121_2

以前、このブログで部分的にアップしたことがありましたが、その動画はプロバイダー@nifty動画サービス廃止に伴い現在は試聴不能になっているはず。今回は全1時間の映像を4回に分割してYouTubeにアップいたします。

楽しんでいただければ幸いです。

(2011年11月25日記)

動画をYouTubeにアップしたのですが

残念ながら著作権「ナンタラカンタラ」で削除されてしまいました。

|

2010年3月 1日 (月)

A Day In The Life (Myanmer)

マバタキしているあいだに3月。

この数日目の廻りにカユミを感じた花粉症到来の季節でもありました。

ところで、

TOYOTAの社長がアメリカでつるし上げくっている映像を見ましたが、取り囲むメディアのカメラはほとんどジャパンブランドでしたね。ジャパンブランドのリコール問題を、ジャパンブランドのカメラが伝えるというオモシロイ光景でした。

というワケで、

わたしも、ジャパンブランドのカメラで撮影したミャンマーの人々の姿をスライドショーにしてYouTubeにアップしました。

どうぞご覧下さい。

a

ひとりYouTube

A Day In The Life(ミャンマー編)

a

音楽:すべての人の心に花を
歌手:ワイ・ワイン(ミャンマー)

100301_1

a

a

|

2010年2月13日 (土)

地下鉄のオーム〜グッドバイ/浅川マキ

旅の記録をアップアップしながらアップしているあいだに、「ユキオ×バラク」のファーストネーム信頼関係構築にヒビが入り、JALの翼折れ、朝青龍いつもながらの品格問われ、TOYOTAパンクし、小沢一郎冷や汗かき、検察とメディアの同衾あからさまになる。

この世は満ち欠け繰り返す

耳を澄ませば転がる石のごとくコケるJAPANの音が聞こえる。

こんな社会状況をハスに見ながら、『引き寄せの法則』なのか『引き寄せられの法則』なのか、アタマの中にはオームマークがカキのように貼り付いたまま2月半ばになってしまった。

地下鉄の通路でこんなポスターを見ても「アレッ?オームか?」などと立ち止まったりする、アブナい兆候だ。

100208_9

コレのどこがオームかというと、天地を逆にするとこんなふうになるワケよ!

100208_10
a
Sikiri6_aum

旅から戻って最初に荷物の処分をした。まず、私の唯一の財産であるCDレコードDVDを中古屋に送りつけた。壁を一面を塞ぐCDレコードを片付け、少しでも身軽になっておきたかったのだ。

大型のダンボールで19箱。あとで中古屋から電話があって、2000点弱あり査定中だからしばらく待って欲しいとのこと。ヤフオクで競り勝って高値で手に入れたヤツとか、コレクターアイティムがケッコーあったのだがどうせ二束三文だろう。それを承知の上で手放したのだ。

それと、書籍雑誌類はダンボールに詰めてベランダに積んである。全部で10箱あった。以前整理したものと全部で20箱くらいがブルーシートかけられて山積みだ。これらはそのうち春の連休中にでの再度チェックして古本屋に振り分ける予定でいる。

いまどきネットショップで大概のものは手に入るのだから、再び読みたい本や聴きたい音楽が出てきたら改めて買い直せば良いではないか!と即決即断。空いてしまったデカイCDラックと本棚はバラして区役所の粗大ゴミセンターへ直行。いったんリセットの気分なのだ。

処分に困ったのがレーザーディスクで600枚くらいあった。購入時の価格にすればかなりの金額になるのだが、もはや時代遅れの映像ソフトになってしまった。このレーザーディスクの引き取り先がない。引取り先が見つかったとしても1枚100円程度だろう。もしかすると送料の方が高くなるかもしれない。

CDよりもむしろ愛着が強いLDコレクションだけに、100円で処分するにはしのびなくって押し入れに仕舞い込んだ。また観ることもあるさ・・・と、自分を慰めて。

このLDを整理していて浅川マキさんの盤を見つけた。

100208_12

2年ほど前になるだろうか。このブログに時折アクセスしてくれる悠々さんとメールを何回かヤリトリしていて、その悠々さんの所有しているLD約60枚を引き取るハナシがまとまったことがあった。悠々さんは本職の傍ら心底惚れたミュージシャンのコンサートを主催している方で、双方の好む音楽の傾向が似通っていること、さらにLDファンということから、「LDプレイヤーが壊れたままだから、格安で譲りましょうか?」というような経過だったと思う。

悠々さんから送られてきた荷物の中に入っていたのがこの浅川マキさんのLDだ。

浅川マキさんが2010年1月17日に名古屋で亡くなったことを新聞記事で知った。

とっくに忘れていた名前を死亡記事で見て思い出したのだ。

私が浅川マキさんの名前を知ったのは若かりし日の五木寛之さんの文章だった。オールナイト・コンサートを池袋で聴いたこともあるが、私の興味の対象は共演の山下洋輔さんやジャズメンの方にあり、浅川マキさんへの関心は薄かった。極端に暗さを強調しているのが演出クサく思えて、“ちょっと遠慮したい”という感覚だったのだ。

私にLDを提供してくれた悠々さんのブログを読んでみると、浅川マキさんの妥協を許さない音楽作りの姿勢に強い共感と連帯を覚えていたようで、早過ぎる死を悼む文章を、浅川マキさんの『グッドバイ』が“好きだ映像を再び観たい”と締めてある。

『グッドバイ』というのはジャズピアニストの板橋文夫さんの作曲で、哀調を帯びたこの曲はマル・ウォルドロンがビリー・ホリディに捧げた『レフト・アローン』を彷彿とさせ、彼のライブでは最後に必ず演奏される代表曲だ。

新聞配達青年の屈折した心情を描いた映画『19歳の地図/柳町光男監督/1979年』のテーマ曲に使われたこともある。

100208_13

その『グッドバイ』に浅川マキさんが短い詩をつけて歌った映像を収録した『幻の男たち/LIVE 1984/浅川マキ』のLDが、かつての所有者悠々さんから回り回って私の押し入れの中にあるというワケだ。

『グッドバイ/浅川マキ』をYouTubeでチェックすると、音声はあるけれど映像としてはアップされていないようだ。そこで、荷物を整理する手を休めてLD盤からパクって加工したのがこの映像だ。

a

ひとりYouTube

浅川マキ/グッドバイ〜夕凪のとき

.

1984年の映像だけど
たぶん
亡くなった今年2010年のライブステージと
ほとんど変わらなかったはずだ。

a

闇を駆けるさすらい人
.
マスに背を向けたまんま
見事な一生を貫いた人だったんだな。

a

楽旅の空で亡くなるなんて
.
ジャズ者(モン)のお手本みたいな
.
幕の下ろしかただぜ。

a

a

|

2010年1月30日 (土)

ガパリビーチのスライドショー/ミャンマー

夜中に目が覚めた。

波の音が近くなっているような気がして外に出てみると、満潮らしく20m幅くらいあった砂浜が5mくらいに狭まり、昼に遊んだ岩場も波に隠れていた。

ここはヤンゴンから飛行機で約1時間、タンドウエという街からさらにバスで20分、ガパリビーチというリゾート地だ。ヤンゴンの旅行代理店で「ミャンマーで最高のビーチだ」と教えてもらったのがこのガパリビーチ。『地球の歩き方/ミャンマー編』に載っていないのもオモシロそうだ!

ミャンマー旅行の最後はビーチで優雅に締めようというバックパッカーらしからぬ発想で外国人観光客向けのビーチリゾートを奢ったのだ。

その結果は?

100122_23

朝早く浜に下りて漁師の船が戻ってくるのを待って漁を確認したあと、ユックリと朝飯を食べる。浜辺のデッキチェアに横っころがって身体を焼きながら本を読み、飽きたら遠浅の海で泳いだり、時折現れるバナナ売りや貝殻のアクセサリー売りを冷やかしたり昼寝したり。また、浜辺の端から端まで散歩したりしているうちに夜になる。

そして朝になり漁のことが気になって浜に出て戻ってくる漁船を待つ。

100122_24

ひとりYouTube

a

ただボーッとしていただけのガパリビーチ3泊4日が
どんな由緒あるパゴダや仏様よりも
想い出になっているのが不思議だ。
.
なるほど
こんなふうに何もしないのも旅なんだな。

a

a

|

2009年11月 3日 (火)

下北沢車窓のオーム

ヒンズー寺院の前のようだ。

寺院の壁のオームマークと二人のサドゥーにカメラを向けていると、気づいたサドゥーが「何でオレ達を写真に撮るんだ!」と怒り詰め寄ってきた。返答に窮していると通りかかったもう一人のサドゥーが「この人はオームを写真に撮っているジャパニだ。オレも前に写真を撮ってもらったことがある」と助け舟を出してくれた。そうすると「それなら、オレ達も撮ってくれ」などとポーズをとりやがった。

助けてくれたサドゥーに礼を言っているところで、、、

目が覚めた。

Sikiri6_aum

さて、

小田急線で新宿に向っているときのこと。

下北沢を過ぎ、車窓にボ〜ッと目を向けていると・・・。

 「ン・・・今のはオームじゃなかったか?」

外の景色に一瞬オームが通り過ぎたような気がする。

気になり、代々木上原で途中下車。

下北沢に戻り、再び新宿行きに乗って車外に目をこらしていると。

ひとりYouTube

確かに!

この景色の中にこんなオームマークが紛れ込んでいたのだ。

91103_1_2

a

a

イヤハヤ
車外で一瞬通り過ぎる景色のなかにも見つけてしまうし
夢の中にも出てくるし
.
かなりヤバイことになってきたぜ。
.
Sikiri5_naruto

@nifty動画共有サービスが2011年6月30日で終了します。
したがって、それ以降この動画は表示されません。
(2011年5月5日:えあじん)

a

a

|

2009年9月 9日 (水)

ブラジル・フェスタ2009/代々木公園

今年も行ってきました!

ブラジル・フェスタ2009/代々木公園/2009年9月6日(日)

イヤ〜、、、、、

それにしてもこの時期は毎年こんなに暑かったでしょうか?

ペテンのテッペンから徐々に溶けていってるような気がする東京です。

こんな暑さも屁のカッパ、

無駄に元気なブラジル人とブラジル好きが、

集まりましたネ〜代々木公園。

90906_1

屋台コーナーからはシェハスコ焼くケムリたちこめ。

90906_2

ステージからはサンバのサウンド絶え間なく流れ。

90906_4

ブラジルの熱気に押しつぶされないためにも、まずは腹ごしらえ。

本日食したのは、ブラジルといえばコレ。

豆と臓物の煮込みぶっかけ飯のフェジョーダと、

知る人ぞ知る、元気が出るアサーイという飲み物。

90906_3

一息ついて隣を見て気がついた。

「コレはイグアナか?」

青年はちょっと間をおいて「ドラゴン」と答えた。

ブラジルから連れてきたのかと訊くと、日本のペットショップで手に入れたもので、ゴキブリなどの虫が大好物だそうだ。

90906_5

通りかかった日本人爺さんがやはり「イグアナ?」と訊いて、「ドラゴン」と答える青年の声が聞こえた。ケータイで写真に撮る若い女性絶えず、このドラゴンは公園の人気者になっている。それにしても、よく逃げないものだ。

屋台の熱気益々強くなる。

90906_8

ステージのアトラクションはカポエイラワークショップからバンド演奏に変わったようだ。

90906_7

ミョーなイヤリングをしているヤツだと思ったら、、、コンドームだ。

こんな悪ふざけもイヤミに見えない。

90906_6

コイツは今年も人気者だ。

90906_9

オッ!?出たな!

90906_10

だんだんオームが近づいてきたと思ったら、、、、。

ベビークリシュナとガネーシャで

90906_11

やはり
オームが出やがったゼッ。
.
ちなみに彼はイスラエルから来たそうだ。
オームマーク入りシャツを着たイスラエル人を
代々木公園ブラジル・フェスタに派遣して
私に写真を撮らせるなんて
なかなかオツなことをするものです。

それでは久しぶりのひとりYouTubeは、ブラジル・フェスタ2009よりタイコパレードを見てみましょう。地面を揺るがすタイコの音は見ているコッチの気持ちまで揺さぶって鼓舞してくれるのだ。

ひとりYouTube

a

オー!ラテンの人よ

@nifty動画共有サービスが2011年6月30日で終了します。
したがって、それ以降この動画は表示されません。
(2011年5月5日:えあじん)

a

a

|

2009年7月20日 (月)

日比谷野音に行ってきた

日比谷野音に行ってきた。

結成40周年記念!!
山下洋輔トリオ復活祭
日比谷野外音楽堂
平成21年7月19日(日)

90610_3

1969年に結成された山下洋輔トリオも40年を経て、

これまでにトリオに参加したメンバーの殆どは60歳代半ば

いつまで演れるか解らない年齢でもあり

かつてのファンもまた高齢化

ここらで、、、ひとつ、、、

これまでの活動にいったん区切りをつけるためにも

いちど集まってみようか

そんな位置づけで山下洋輔トリオ復活祭に行ってみたものの

とんでもない!

懐古ムードなど吹っ飛ばすほどのパワーで

山下ご一統の

更なる闘争宣言だったぜッ!

コンサートは<山下洋輔(p)林栄一(sax)小山彰太(Ds)>からスタート。

その後は

<山下、菊池成孔(故・武田和命代演)、小山>

<山下、坂田明(as)、小山>

<山下、坂田、森山威男(ds)>

<山下、中村誠一(ts)、森山>

の順で、

つまり、現代から時代を遡行して、1969年の第一次山下洋輔トリオまで辿り着こうという演出だった。その時代その時代のレパートリーをプレイするメンバー構成は古くなろうとも、衰えは微塵も感じさせず、その迫力には圧倒された。皆さん血色が良くって、最年少菊池成孔46歳(故・武田和命代演)がいちばん病人らしく見え、このメンツで最初にホトケサマになるのはヤツだろうと思えたのには笑ってしまった。

コンサート終了を告げるアナウンスのあと、会場を『Gentle Novenber/武田和命(たけだかずのり)』が包んだ。帰りかけたけれど、椅子に座り直してしばし武田さんの音に聴き入ってしまった。山下さんによってジャズシーンに復活した武田和命さんが存命なら70歳になるのか(1939-1989)。

山下グループの演奏に余韻に浸りながら、「老いていくことの不安」もフト感じた夜だった。

(このコンサートの模様は8月8日深夜フジテレビ系でオンエアーの予定だそうだ)

Sikiri

山下×坂田×小山で『♪キアズマ』を演奏中
虎ノ門方面上空に出た二重の虹

90719_1

a

a
Sikiri_2
a
さて
以前武田和命さんについて少し書いたことがあったが
今回の日比谷野音コンサート関連で
「武田和命」をキーワードにアクセスしてくれたひとが増えている。
かつて武田和命さんというテナーサックスがいたことを
記憶に止めてくれるだけでも嬉しい。

そこで
武田和命さんを偲んで
私の自慢の貴重な音源をアップいたしましょう。
.
山下トリオ1979年12月
コンサート終了後の打ち上げ会場でのプライベート演奏です。
.
ひとりYouTube

山下洋輔×武田和命×国仲勝男×小山彰太
In Walked Bud

a

.
40周年で打ち止めどころか
ヤツラは50周年記念まで
耐用年数あるなぁ

オレもそれまで
ガンバラなくっちゃ
!!!
.
音源を加工しながら
そんなことを思い
ひとりニヤニヤしてしまった。

a

a

|

2009年7月 9日 (木)

サルバドールのマイケルと成城学園のビリー・ジーン

このところマイケル・ジャクソンネタが続いているけれど、今朝もマイケルつながりで1本。

今年初め、ブラジルの古都サルバドールで遊んでいたときのこと。

サルバドール名物、海際の下町と丘の上の上町を結ぶエレベーターを下りた辺りのセントロ(旧市街)を歩いていると、前方にマイケル・ジャクソンのマネキンが見えた。

90709_2

マネキン人形だと思ったのは、じつは生身の人形で、この小さな台の上でポーズを決めて写真を撮らせたりしてチップを稼ごうというアイデア。そのあまりにも見事なハマり具合に感心して私も記念写真を撮りチップをはずんできたというワケだ。

今回のマイケルお訃報はあのサルバドールの青年にとってチップ増加の恩恵をもたらしたのではないかな。

こんな思い出のサルバドールのひとときもありました。

昨夜帰宅途中マイケル・ジャクソンのアルバムを買わなくっちゃ!と思い出して、小田急成城学園の山野楽器に寄り道した。

90708_3_2

ところが、

マイケル・ジャクソンさんの新譜は売り切れました。

ただいま予約受付中です。

の貼り紙の脇のモニターテレビからは『♪ビリー・ジーン』の勇姿が映し出されていたのです。

ひとりYoutube

a

このように
アッチコッチで
『♪ビリー・ジーン』が
お出迎えというワケだ。
これも
引き寄せの法則かな?
などと思ったりして。
.
さて
これを大急ぎでアップして
日銭稼ぎへと出かけましょう。

@nifty動画共有サービスが2011年6月30日で終了します。
したがって、それ以降この動画は表示されません。
(2011年5月5日:えあじん)

a

a

a

a

a

a

|

2009年7月 7日 (火)

新宿駅南口のビリー・ジーン

ホントにヤバイ麻生さん。

私は麻生さんには早く辞めて欲しいと思っている者だけど、ここまで追い込まれた姿を見るとかえって気の毒になります。

それにしても、毎年毎回『サミット花道論』とかで、日本国のボロボロになった首相がサミットに出かける姿を見せつけられてきたみたい。

こんな日本じゃ世界のどこからも相手にされないでしょうに、、、、、。

2009.07.06(月) 読売新聞

90707_5
.
アソウおろしより大根おろしでっせ!
というワケで
まぐろ照り焼き定食大根おろし添え
成城居酒屋こじま
750円也

90707_3

さて、

例えば、野球の桑田は「桑田さん」になり、サッカーの中田は「中田さん」になり、プロレスラーの三沢は「三沢さん」になりというように、現役時代は呼び捨てにしてきたプロ選手が引退したり死去したとたんに敬称をつけた報道されるというのも、不思議なモノです。

引退あるいは死去したことで一般市民になったということでしょうか。

2009.07.05(日) 産經新聞

90707_2

マイケル・ジャクソンも、死去後「マイケル・ジャクソンさん」「マイケルさん」になり、これまで呼び捨てにして私生活を暴き立てることに執心したメディアが、今度は手のひら返しで聖者に祀り上げて金儲けのオコボレを狙ってるみたい。

週刊朝日 2009.07.10号

90707_1

マイケルの死はあらゆるメディアが取り上げ、世界中で追悼の集会も催されたり、CDやDVDの売り上げも急増しているといわれます。こんな、マイケル死後の大騒動を見ていると、生前よりも死後の方が経済効果が高いような印象を受けます。

2009.07.07(火) 読売新聞

90707_6

私はマイケルの数々のヒット曲の中でも特に『♪ビリー・ジーン』が好きで、このブログでもそのパクリ動画を何本か紹介してきたけれど、本日紹介する動画は『下北沢のビリー・ジーン』に続いて『南新宿のビリー・ジーン』という動画。

新宿駅南口のタワーレコードのビル前を通りかかると、店頭にマイケルのDVD販売のワゴンが出て、客寄せの『♪ビリー・ジーン』がガンガン鳴っています。まるで私が通りかかるのを待ち構えていたようなタイミングにニヤリとしてデジカメで撮影したワケです。

a
ひとりYouTube

a

モニターテレビに映し出されるマイケルの勇姿に見とれる通行人も多数。
.
こんなシーンを見ると
マイケルは
この先き生きながらえてたとしても
スキャンダルまみれになるばかり。
そのことを考えると
あんがい良い時期に亡くなって
神になったのかな?
とも思えるのです。
.
虎は死して皮を残し
マイケル死してムーン・ウォークを残す
だぜ。

@nifty動画共有サービスが2011年6月30日で終了します。
したがって、それ以降この動画は表示されません。
(2011年5月5日:えあじん)

a

a

|

2009年7月 6日 (月)

タモリ誕生/題名のない音楽会

山下洋輔さんがテレビ朝日『題名のない音楽界』に出演した様子を中心に5本の動画をYouTubeにアップしたところ、一晩で各100ほどのアクセスがあり、YouTubeの影響力の高さにビックリした。

この動画を見た人で山下洋輔交友録関係に疎い人は「なんでタモリが出てくるの?」と疑問に思った人もいたかと思うので、若干説明をしておきましょう。

かつて、油井正一さん(1918−1998)というジャズ評論の草分けがいて、この油井さんが、山下さんのことを「天性のオーガナイザーだ」というような意味のことを書いた文章を記憶しています。つまり、油井さんは山下さんの持つ『頭領運』と現代に至る成功を見抜いていたようです。

油井さんの人物評を証明するかのように、山下さんの磁力に引き寄せられた人脈は、70年代サブカルチャー運動の熱波を各方面に放射して、私なんぞはその余熱冷めやらないまま現代に至っているわけです。

その山下交友録の中でもっとも知られたものがタモリ発見!のエピソード。そのあたりのことはこれまで山下側からタモリ側から何回となく語られてきたけれど、何回聞いても楽しい。

そこで、

山下洋輔トリオ『題名のない音楽会』出演記念シリーズの最終回は、

2009年6月28日放送の同番組から、

山下×タモリ邂逅爆笑セッションを見てみましょう。

今やお笑い界の重鎮のオモムキがあるタモリが

ムカシのことを嬉々として語っているのが微笑ましい。

a
ひとりYouTube

山下vsタモリ

a

このように
福岡で朝日生命社員としてクスブっていた
森田一義が
山下洋輔によって
タモリになり
サクセスストーリーへの階段を
上り始めることになるのです。

@nifty動画共有サービスが2011年6月30日で終了します。
したがって、それ以降この動画は表示されません。
(2011年5月5日:えあじん)

a

a

a

|

より以前の記事一覧