2012年10月28日 (日)

西葛西のオーム

2012年10月27日(土)

西葛西のインドのお祭り『ディワリフェスタ』に行ってきた。

ディワリというのはヒンズー教徒にとっての新年を祝うお祭りで、別名『光の祭典』とも呼ばれているそうだ。インド好きにとっては覗いておきたいイベントだ

ディワリフェスタ西葛西2012

121028_1

会場入り口でアヤシー光を放っている2人組は占い関係者だそうだ。


121028_2

まずは腹ごしらえ。

都営地下鉄新宿線船堀駅ゴヴィンダス

121028_3

a

ゴヴィンダスのマサラドサ

121028_4

a

和太鼓隊も参加。

121028_5

a

インドの子供たち。
121028_6
いずこも同じ親心。

121028_7

a

目立ちたい青年も登場。

121028_8

a

「光の祭典」らしいプログラム。

121028_9

インドの『ディワリ』というお祭りは横浜でも開催されている。

横浜とインドというのは歴史的にも深いつながりがあって、古くからインド人が多く在住して『横浜ディワリ』も代々木公園の『ナマステ・インディア』と匹敵するくらいの規模に育っている。その反面、東西線沿線は近年IT産業に従事するインド人が住みはじめたいわば新興勢力。そのインド人たちが手作りで育ててきたイベントが西葛西『ディワリ』だ。

このように地域に密着した地味な活動が日印友好を育んできたことは間違いない。

インド好きとしてはホノボノした気持ちを味わって帰宅の途についたワケだが、西葛西駅の上りエスカレータに乗っていると、私の右側を足早に追い抜いていった黒い固まり。

   「アッ!オームだ!」

後ろ姿を見た私はカバンからカメラを取り出しながらエスカレータの階段を追いかけた。

西葛西駅のオーム。

121028_10

a

オーム シャンティ
.
Sikiri6_aum
.
.

|

2012年9月29日 (土)

デモの切り抜き13

中国のお方って、ホントに冗談が好きなんだから、、、。

もう・・・ツネっちゃう。

2012.09.29(土) 東京新聞

120929_1

チベット侵略にどんなルールがあったのか教えてほしい。
.
Tibet

自民党総裁選、ツヤツヤしたお顔の自民党の先生方を拝見した。

皆さん久しぶりの出番に生き生きしていましたね。

2012.09.29(土) 東京新聞

120929_2

さて、

昨夜の首相官邸前だが、6時のスタート時には薄暗くなって、真夏の西日に照らされ往生したことを考えれば、日が短くなっていることを実感した。

2012.09.29(土) 首相官邸前

120928_1_2

このお嬢さん方これまでも何回かお見かけしたが、どういう意図があるのか解らない。

2012.09.29(土)国会記者会館前

120928_2

取材陣なのか一般人なのか、デモ参加者のジジババを撮るときよりは嬉しそうな表情を見せているカメラマンたちだ。

2012.09.29(土) 国会記者会館前

120928_3

首相官邸前デモに参加して初めて知ったのだが「茱萸」と書いてグミと呼ぶ。

この茱萸坂(ぐみ坂)を左方面に上ったところに首相官邸はある。

その茱萸坂の案内表示のある場所で「アッ!オームだ!」

世田谷のボロ市で買ったバッグでご本人もこのマークにどんな意味があるのだろうか?と気にはかけていたらしい。そこでいちおう私なりのオームを話して、

「このマークを持っていると、きっと良いことがありますよ」

と写真を撮らせてもらった。

2012.09.28(金) 永田町茱萸坂のオーム

120928_4

a

というワケで7月8月金曜日よりは
密集度が薄くなっている感のある
首相官邸前だった。
.
.

|

2012年9月12日 (水)

写真展開催中6

写真展5日目

ギリ・トラワンガン
イギリス女性のオーム

120912

a

エプソンの写真展紹介ブログ。

http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2012/09/post-e424.html
.
.

|

2012年9月11日 (火)

写真展開催中5

写真展4日目

ギリ・トラワンガン
スペイン人のオーム

120911

a

エプソンによる写真展紹介ブログ。

http://proselection.weblogs.jp/epson_proselection_blog/2012/09/post-e424.html

a

a

|

2012年9月 8日 (土)

写真展開催中2

写真展開催中

ウブドで会ったオームシャツのイタリア人。

120908

a

写真展案内

ハロー!フォト!フォトOK?

a

a

|

2012年9月 6日 (木)

駅前のオーム

蒸し暑さにマイってしまった夕方、駅ビルの本屋で涼んでからビル屋上に上がってみると心地よい風だ。屋上のレストランは私のような浮遊層には無縁な場所だけど景色を見るのは無料だ。丹沢連峰の向こうには富士山も見える。

中央の出っ張りが富士山だ。

120904_2

肉眼で見る富士山はケッコー大きいのだが、

28mm広角では小さくなってしまう。

この分では明日も暑そうだな、そんなことを思いながら帰りかけると、、、、。

アッ!オームだ!

駅前のオーム。

120904_1

風呂敷代わりに何かを包んでいるのが、オームマーク入りの布というワケだ。

グレードとしてはCクラスだが
一応
オームはオームだ。

Sikiri6_aum
a

|

2012年8月27日 (月)

気分は一世

皆さ〜ん、、、、溶けてませんか〜?

文章を考えたりするのも億劫うな気候だから、写真でどうにか体裁を保っているつもりだけれど解っていただけるでしょうか。

そんな中新宿の高島屋へ。11回でカメラフェアなる催し物があって冷やかしてきた。

先日ライカの5−60年前のレンズをオークションで買ったのだが、レンズフードが付いてなかったので探しにきたワケだ。私が医者だったらアレもコレも買っちゃうようなオールドライカのオンパレード。医者じゃないからただ指をくわえて見るダケ。ビンボ人は触っちゃダメダメ!お目当てのレンズフードもあったのだが、22000円の名札。一瞬クレジットカード出しかけたが思い直した。

銘機と呼ばれるカメラを見てしばしの目の保養して、あまり長くいるとまたカード出しそうな気がしてテキトーなところで退散。

この暑さのせいか新宿駅南口を歩いているひとも少ない。

皆ビルの中で涼んでいるのだろう。

甲州街道から御苑方面を見る。

120826_1

新宿駅南口、いつもヨシモトの芸人見習いが客引きをしている場所のエレベーター前。

以前はここにこんなオームマークの落書きがあったのだが。

120826_3

a

今日通りかかったら消されていた。

120826_2

センスの悪いオームだったから消されて良かった良かった。

というワケで、、、

さて、

昨夜の夕飯はコレだった。

群馬県大泉町のブラジルツアーへ行ったときにお土産に買ってきた、ブラジルのソウルフードであるフェイジョアーダだ。調理して冷凍パックされていたものを解凍しレンジで温めご飯にかけるだけだ。冷凍ものといえども充分本場の味を伝えてくれる。

フェイジョアーダ

120826_5

a

石原裕次郎の歌を聞きながら
フェイジョアーダを食べ
故郷を偲ぶ日系1世のつもり。 
.
♪ア〜カシヤの花の下で〜
♪あのコがそっとまぶたをふいた
♪赤いハンカチよ〜
♪恨みに濡れた目頭に
♪それでも泪がこぼれて落ちた。

.
ちょっと
わざとらしかったかな。
.
.

|

2012年7月30日 (月)

日比谷公園のオーム

さて、2012年7月29日(日)代々木公園のネパールフェスティバルでカレーを食べてから日比谷公園へと移動。

地下鉄千代田線で日比谷公園に向かっていると前の座席に座った50歳くらいの男の顏に見覚えがある。

「きょうは拡声器持ってきてないの?」

私が声をかけると向かい側のその男は「ンッ・・・・?」と訝しげな顏をする。

「日比谷へ行くんでしょ?オレもこれから行くんだヨ」と私。

そこで、その男はようやく私のことを気がついたようで、足下の黒いバッグ指差して「拡声器はここに入っているよ」とニヤリと笑いやがった。

ハハハハハー・・・・。

彼の個人的なことは全く知らないが、彼は毎週金曜日首相官邸前で出会うデモ仲間なのだ。いつも朝顔型の拡声器を持っていて、何がキッカケになるのかトツゼン拡声器でガナリたてるのを何度も見ている。その対象はいつもメディアに対するモノだと見ていた。顏を真っ赤に膨らませて尋常ではない怒り方をして、しばらくすると何事もなかったようにフツーの表情に戻るので印象に残っていたのだ。

炎天下の日比谷公園。手許の寒暖計を見ると38℃くらいに上がっている。

ステージではAKB48のフェークさんがパフォーマンス中。

120729_3

a

気持ち良さそう。

120729_4

ステージを離れて公園の噴水あたりの木陰にはどこからこんなに湧いたのか?と思えるほどのジジババ連。この景色はまるで年金問題に関する抗議活動のようにも見える。これまでデモとは無縁に思われていた世代の意思表示が今回の『反原発デモ』の特徴だ。

日比谷図書館前から日比谷公会堂の広場道路は人で埋め尽くされている

ジジババだけかと思ったら若い人も多い。

120729_5

このデモはあくまでも『反原発』がテーマだから、他の主義主張団体のノボリやプラカードやビラ配りはお断りのはずだが、ドサクサに乗じて郵政関係やその他のグループもそれぞれのノボリ旗掲げてのアピールだ。

定番のゲバラも。

120729_6_2

図書館前設置の簡易ステージで主催者側の挨拶がありその後デモへと出発。なにしろ多人数だから何班にも分かれての時差出発。

日比谷公園から新橋駅方面。

120729_7_2

途中『原発推進賛成』と思われるグループも登場したが警察に分断されていて接触することもない。

あなたがたはあなたがたの主張を述べたらいい。

120729_8

私は私の主張をする。

東電本社ってここにあったのか。

ごくろうさん!アナタに何の責任もないのは解っている。

120729_9

a

経産省前でひとりアピール中の男性。

120729_10

a

パフォーマンスの準備中の若者。

120729_11

a

忌野清志郎の遺影掲げた女性。

120729_12

私は3時40分前くらいにデモコースに出て、日比谷公園に戻ってきたのは5時くらいだったと思う。その時点で公園内にはまだデモに出発していないカタマリがヤマほどあったからいったい参加者は何万人になるのだろう。

最初のデモを終えて公園に戻ってきた人は、再び流れに乗って国会議事堂方面へと向かう。

この段階での国会議事堂正門前は静かなものだった。

17:30の国会議事堂正門前。

120729_13

議事堂を取り囲む人間の輪の中に大人しく加わっていたのだが、日比谷公園から向かってくる人がひきもきらない。警察の作戦としてはデモ隊を歩道に封じて車道にはみ出させないという作戦のようだ。

議事堂を囲む光の輪。

120729_14

たぶん議事堂は何重にも取り囲んでいる気配がする。やがて日没、キャンドルやペンライトの光が目立つころ議事堂正門前方向が俄然騒がしくなった。

人混みをかき分け正門前に戻ってみると、、、、。

オーッ!!!!!とんでもないことになっていた。

さっき私が到着したときには静かだった議事堂正門前道路はデモ隊が占拠し、さらに前に進軍しようとするデモ隊と、それを阻もうとするオマワリの列が対峙しているではないか。オマワリも防護チョッキを互いに掴みながら必死の形相だ。オマワリ側だって、国会議事堂には屈辱の歴史があるから何が何でも死守しなけりゃならない。デモ隊に屈して議事堂内乱入の事態にでもなったらおエライさんのクビが飛ぶ。

シュプレヒコールの中、デモ隊とオマワリはかなりの時間もみ合っていたのだが8時には終息。こうしたルールを守るあたり、誰かが指揮した様子もなかったのに見事なものだ。

たぶん参加者の自制心が働いたのだろうが、この引き際をみても、ひと昔前のデモ隊とは感覚が異なっているのが理解できる。

祭りを終えて地下鉄で帰路についたのだが、40歳代後半の夫婦と思われる二組が途中駅から乗り込んできた。

「ご苦労さんです」

声をかけると4人はビックリしたような顏を見せる。

「バックからプラカードが顔出してるじゃないですか。ボクも議事堂の帰りですヨ」

お互いの素性が解りエールを交換して、車中で今後の作戦会議をしながら帰ってきたのだ。

「また会うかも知れませんネ。私たちってデモ友ですね!」

「ンッ?・・・オクさん!上手いこと言うじゃないか!」

『反原発デモ現象』がかつてのベ平連運動と似ていると指摘する文章をときに見かけるけど、たしかに「参加するも自由、参加しないのも自由」のこの勝手連的ユルサが人々の共感を得ただろうことは実感する。

メールで連絡をとり合った友人と、デモには参加するけれど特別過激な行動には移らず、あくまでも自制心失わず主張すべきことは主張する。そして終われば「来週も来ますか?」と言葉を交わして自分の生活圏へと戻って行くのだ。

デモ友か〜、、、

社会現象となってしまった今回のデモはこの言葉がピタリといい得てるような気がする。

             このデモ友船の舵取りは難しそうだなぁ。

というワケで、、、

本日の『街のオーム』はこれ。

2012.07.29(土) 日比谷公園。

120729_15

a

デモ参加者にはこんな赤ん坊連れも多い。
これらの一般の人たちの行動を甘く見て
ナメたマネすると
オカミはとんでもないしっぺ返しを喰らうことになるでしょう。
.
.

|

ネパールフェスティバル2012のオーム

オリンピックも国同士の戦いだから面白いんであって、ただの競技会だったら達成感も失望感も半減なんでしょうネ。

たしかこの国の名前も開会式で見たような気がするが、どの競技に参加してるんだろうか。『ネパールフェスティバル2012』が今年も9/28〜9/29の2日間代々木公園で開催された。

やはり国力の差なんでしょう、人間も地味だけどステージも地味なもんです。

バンスリとタブラのセッション(7/28)。

120728_5

私はオーム採取が目的でしばらく会場内を探検。

酷暑の空に翻るオームシャツ(7/28)。

120728_6_

a

オームマーク入りバッグを持つ女性(7/28)。

120728_7

a

オームマーク入りパンツをはいたイスラエル人(7/28)。

120728_8

a

ビール瓶片手にご機嫌な青年のヘソあたりにオームマーク(7/28)。

120728_9

a

初めて見るデザイン(7/29)

120729_1

さて、

代々木公園のネパールフェスティバルのあとはもうひとつイベントがあって、カレーをそそくさと食べてから、そちらに移動だ。

キーマ・ホーレン草カレー500円也。

120729_2

a

もうひとつのイベントというのは
日比谷公園の『反原発デモ」のこと。
そのレポートはまた後日ということで
皆さん!熱中症にご注意を!
.
.

|

2012年7月26日 (木)

真夏のオーム

昨夜というか今朝というか『なでしこジャパン』のカナダ戦を観ていて、試合終了後も寝付かれず、とうとう朝刊が配達される時間まで起きてしまった。それにしても人のココロは移ろいやすいもの。北京五輪女子ソフトボールであんなに興奮したことなどスッカリ忘れてしまって、今や女子サッカー一辺倒だもの。

2012年7月24日(火) 東京新聞

120725_2

五輪を思い出した
上野4連投
日本ソフト世界一

オリンピックから外れてしまったけれど

女子ソフトボールはまだまだ頑張っています。

さて、定期健康診断へ行ったら、血糖値が高くなっているが、何か生活に変化があったのか?と医者に訊かれてハッと思いつくことがあった。

スーパーで見つけた安いオレンジジュースを買いだめて、喉が渇くたびお茶代わりにグビグビ飲んだり、ミスタードーナッツで「本日100円」の誘惑に負けてドーナッツを食べたりと、確かに糖分のとり過ぎだったかも知れない。

このままいくとインシュリンだよと脅かされてスゴスゴ帰ってきた。

というワケで、、、、。

本日のオームは、この暑さの中でもスカーフを巻いているお嬢さんだ。


120725_1

a

今年の夏はオリンピックにつきあいすぎて寝不足になりそう。
.
.

|

より以前の記事一覧