2012年11月22日 (木)

祖師ケ谷大蔵に阿部食堂あり

学歴から見ると学校の成績ははイイんだろうが、何かが欠けているこのダンナ。どうせ「引退します」と宣言したこともあったんだからサッサと消えてくれ。カンナ屑よりも軽〜いトラストミーダンナのことだから、前言撤回の撤回、そのうち性懲りも無く『推する声が多くあり政界復帰を目指します』ときっと言い出すでしょう。

2012.11.21(水) 東京新聞

121121_1

さて、秋晴れの一日ブラリブラ〜リと表を歩いてみれば、こんな飛行物体が出迎えてくれるのが小田急祖師ケ谷大蔵のウルトラマン商店街だ。命名のいわれというのは、以前ここに特撮で有名な円谷プロダクションがあったことによる。その円谷プロ跡地は今ではマンションになっている。

円谷プロは消えてもウルトラマンは残ったということだ。

ウルトラマン商店街の入り口。

121121_2

このウルトラマン商店街は気取ったところがなく好きで、浮遊層の私はチョクチョク出没している。

まず、100円ショップに寄って時計を購入。こんどの旅行の目覚まし用だ。どうせ旅先で誰かにやるんだからこんなモノで十分。

アラームつき時計。

121121_3

こんなモノまで売っているんだから100円ショップの特化は著しい。

この商店街には100円ショップもあればこんな古書店もある。

ツヅキ堂書店。

121121_4

ブックオフの何でもかんでも棚に入れるということもなく、ある程度ジャンルにこだわった品揃えが嬉しい。

本日この店で買った本がこれ。

小瀧達郎
巴里の大道芸人

求龍堂

121121_5

このウルトラマン商店街にはこんな定食屋があるのも嬉しい。

阿部食堂。

121121_6

近くの商店街で働く人たちがフラッと来てはしばし世間話を楽しんでは帰っていく。

肉豆腐定食。

121121_7

昨今の飯屋はアルバイト店員がマニュアル見ながら調理するスタイルが全盛だが、昭和の面影を残すこの店は老夫婦で切り盛りする昔ながらの定食屋だ。アルバイトの過剰な敬語を気持ち悪く感ずる浮遊層の私には気兼ねのいらない落ち着く店なのだ。

来月16日の選挙。
じつはその時には旅行に出かけていて日本にはいないのだが
不在者投票はどうなっているのか?
明日確認しよう。
.
.

|

2012年11月21日 (水)

広尾『ことぶき』のスパイシー・チキンカレーは絶品なり。

数日前から首筋が痛い。たぶん寝違えたのだろう。道路横断の左右確認も、首を回せないから身体全体を動かして安全確認だ。この格好はまるで須藤元気のWorldOuderだぜ。

軽い読み物を探してブックオフを物色していると山下達郎の『♪クリスマスイブ』が流れてきた。もうこんな季節になってしまったなぁ。

師走で首が回らないというのはこのことだ。

Sikiri

先日地下鉄表参道駅で私の写真の先生にバッタリ遭遇した。来年の写真展の打ち合わせを終えてこれから秋葉原ヨドバシカメラに行くのだという。しばらくのあいだ車内で写真のことをイロイロ話しながら楽しい時間を過ごしたのだが、そのとき、先生が影響を受けた写真家の写真集を紹介してくれた。後学のためにメモし、帰宅してからネットで調べると広尾の都立図書館の蔵書としてリストにあるのが解った。

都立図書館は貸し出しをしないから、本日館内閲覧に行ってきたワケだ。

A Summers Day
Joel Meyerowitz
(ジョエル・マイヤウイッツ)

121120_1

タイトルの通り海辺の平和な夏の日々を捉えた作品で、この写真集が好きだという私の先生がモロに影響を受けていることが理解できる。

Aftermath
Joel Meyerowitz
(ジョエル・マイヤウイッツ)

121120_2

9・11後の現場で復旧作業にあたる人々の姿を捉えている。

Joel Meyerowitzはグランド・ゼロに立ち入り取材をすることを許された唯一のカメラマンだそうだ。

1作目がソフトフォーカスで夏の海辺のゆったりとした人々を伝えているとすれば、2作目はテロ現場で復旧作業にあたる人々の、理不尽なテロに対する怒りが突き刺さってくる。

  穏やかな人々の生活。

  人間の愚かな行動を後世に残す記録。

写真表現の可能性は無限にあると実感させる2冊の写真集だった。

a
Sikiri

写真集を見てココロの栄養を補充した後、昼飯にナニを食おうかと広尾商店街を散策。広尾というと高級そうなイメージが離れないのだが、庶民的な店も多いようだ。そんな中で目に留まったのがこの店。焼き鳥屋の店構えなのだがランチタイムにはカレーもやっている。店内の様子を伺うとケッコーな客入り。

ヨシッ!きょうの昼飯はここに決定。

やきとり屋『ことぶき』

121120_3

店の外観も焼き鳥屋なのだが、店内もモロ焼き鳥屋。壁一面に夜の部の居酒屋メニューが貼り出してある。カレーはランチタイムだけのようで、お客のオーダーはカレーライスかハヤシライス。私もナガレに沿って『スパイシー・チキンカレー』をオーダー。料金の500円は前払いだ。

広尾ことぶきのスパイシー・チキンカレー
500円+50円(キャベツ)=550円

121120_4

大して期待もしなかったのだが、

このカレーの美味いことうまいこと。

スパイシー・カレーと謳っているだけあってかなりの辛さで、その辛さが快感だ。店主の研究の成果が結実した、インド人のカレーと和風カレーの良いとこどりした、正に絶品のカレーライスだった。

写真で見るとおりかなりのボリュームだがペロッと平らげてしまった。

それにしても、お客は美味しい所を知っているんだなぁ、どんどん入ってくる。そして、モノ言わず、ただひたすらモクモク食うと言う感じ。

これまで食べたカレーのうち一番美味かったと
惚れてしまったゼッ。
.
広尾にお出かけの際は
広尾商店街の焼き鳥屋『ことぶき』の
スパイシー・チキンカレーを
是非お試し下さい。
私が保証します。
.
.


|

2012年10月30日 (火)

東京ラーメンショー2012

毎年開催の『東京ラーメンショー2012』が今年も駒沢オリンピック公園で開催されている(2012,10.26〜11.4)。全国から味自慢のラーメン店が駒沢オリンピック公園に集結して腕を競い、一挙に儲けようじゃないかという解りやすい催しだ。日本めんくい党総裁としては石原新党や橋下維新との連携可否についての相談も大切だが、党勢拡大を占うためにも外せないイベントなのだ。


121031_1

じつは昨日夕方のテレビニュースでこのイベントのことを知ってたワケだが、放送されたのは何曜日の取材だったのか?会場は麺好きでパンパンに膨れ上がっていて、30分60分待ちの行列が何本もできあがっていたとのことだ。毎秋のこのイベントもすっかり駒沢公園に定着してしまった感がある。

平日のきょうはそれほどの人出もなく静かなものだ。

まず、何ヶ所かにあるチケット売り場で
共通食券¥800を買う。

121031_2

a

特設ステージでは景気付けに踊りのパフォーマンスもある。

121031_3

各店舗前の行列の長さはその店の人気度のバロメータ。長い列もあれば、ソコソコの店もある。

行列ができない気の毒な店もある。

121031_4

私が食したのは行列が5人ほどの名古屋あたりから参戦のベトコンラーメン。10分ほどの待ち時間で真っ赤な具が乗ったドンブリを手にした。

ラーメンの上に豚キムチを乗っけたような、要するにガテン系御用達というスタミナラーメンだ。塩っぱすぎて食後ノドが乾いてしかたなかった。

ベトコンラーメン。

121031_5

800円というのは高過ぎる感があるが、年1回のラーメン祭りで、ハナシのタネだと思えば、マッ!それもいいか。

これから行こうかと思っているあなた!たぶん土日には大変な人出で長い行列に並ぶことになるだろうから、覚悟してラーメン食いに行かなければなりませんヨッ。

Sikiri5_naruto_2
.

それにしても、この行列を見ると、日本人というのはホントに麺好きで、物見高い民族だとつくずく思います。カレーラーメンというインド人もビックリのラーメンもあったから、日本人の探究心は止まるところがありません。

そんなご当所ご当所の特徴を生かしたラーメンがあるけれど、私の一番好きな東京のラーメンはこれ。

渋谷道玄坂道頓堀劇場前『喜楽』のラーメン。
醤油系スープに焦がしネギのアクセント。

121031_6

大量のオーダーをさばく、厨房の二人の阿吽の呼吸はお見事!というしかない。もちろん永年のコンビだから味も変わらない。かつては紅顔の美青年のお二人だったが、いつのまにかジジーになって典型的ラーメン屋顔になってしまいました。

このコンビの仕事ップリをカウンターに座って見るだけでも
渋谷『喜楽』に行く価値はあります。

Sikiri5_naruto_3 .
.

|

2012年10月28日 (日)

西葛西のオーム

2012年10月27日(土)

西葛西のインドのお祭り『ディワリフェスタ』に行ってきた。

ディワリというのはヒンズー教徒にとっての新年を祝うお祭りで、別名『光の祭典』とも呼ばれているそうだ。インド好きにとっては覗いておきたいイベントだ

ディワリフェスタ西葛西2012

121028_1

会場入り口でアヤシー光を放っている2人組は占い関係者だそうだ。


121028_2

まずは腹ごしらえ。

都営地下鉄新宿線船堀駅ゴヴィンダス

121028_3

a

ゴヴィンダスのマサラドサ

121028_4

a

和太鼓隊も参加。

121028_5

a

インドの子供たち。
121028_6
いずこも同じ親心。

121028_7

a

目立ちたい青年も登場。

121028_8

a

「光の祭典」らしいプログラム。

121028_9

インドの『ディワリ』というお祭りは横浜でも開催されている。

横浜とインドというのは歴史的にも深いつながりがあって、古くからインド人が多く在住して『横浜ディワリ』も代々木公園の『ナマステ・インディア』と匹敵するくらいの規模に育っている。その反面、東西線沿線は近年IT産業に従事するインド人が住みはじめたいわば新興勢力。そのインド人たちが手作りで育ててきたイベントが西葛西『ディワリ』だ。

このように地域に密着した地味な活動が日印友好を育んできたことは間違いない。

インド好きとしてはホノボノした気持ちを味わって帰宅の途についたワケだが、西葛西駅の上りエスカレータに乗っていると、私の右側を足早に追い抜いていった黒い固まり。

   「アッ!オームだ!」

後ろ姿を見た私はカバンからカメラを取り出しながらエスカレータの階段を追いかけた。

西葛西駅のオーム。

121028_10

a

オーム シャンティ
.
Sikiri6_aum
.
.

|

2012年10月 1日 (月)

way to いもや

医者から血糖値が高くなっているという警告を受け、管理栄養士のハナシを聞け!さもないと将来インシュリンを射つことになるぞとのお達しだ。「講習を受けなければ薬の処方のしようがない」という脅しで、やむなく栄養士と面談してきた。

以前にも講習は受けていてハナシの内容は解っている。

要は腹八分目!食べ過ぎるな!ということだ。

マッ、そんなこんなで栄養士との面談を済ませて久しぶりのお茶の水だからしばらく散策しよう。

中古CD屋の「ジャニス」。

120927_1

なんだかんだで昼飯時になり、どこで食べようか?お茶の水駿河台近辺は私のかつてのシマだからB級グルメのレパートリーは多い。

「駿河」のとんかつにしようか。

120927_2

a

「丸香」の讃岐うどんにしようか。

120927_3

美味しいんだがすでに40人ほど並んでいるのでヤメタ。

a

「スヰートポーヅ」の包子(餃子)にしようか。

120927_4

a

「キッチン南海」のカツカレーにしようか。

120927_5

a

「ふらいぱん」の中落ち定食にしようか。
「徳萬殿」のチャーハンライスにしようか。

120927_6

a

そして「ビッグボーイ」でジャズを聴きながらコーヒーでしめようか。

120927_7

a

いっそのこと、「さぶちゃん」の半ちゃんラーメンにしようか。

120927_8

などとウロウロしたのだが、けっきょく

「いもや」の天丼にした。

120927_9

キス、イカ、エビ、海苔の天ぷらをアツアツのご飯に盛りつける.

このいもやの天丼は長い間500円を維持していたのだが、数年前から550円になっている。それでも美味しい。

「いもや」の天丼。

120927_10

なにしろ、お茶の水神保町というのは学生街だ。大盛りも550円も同一値段というのも嬉しいではないか。私も大盛りはよく食べたものだ。

本日も天丼大盛りを食べようかと思ったが
「大盛りはダメですよ」
栄養士に今朝注意されたばかりだ。
.
言いつけを守ってフツー盛りに抑えた。
.
.

|

2012年9月 4日 (火)

どこでダレが見てるか解らんぜッ!

やれ竹島だの尖閣だのとウットーシー話題が今でも続いています。

私は思うのだが、

国際私法裁判所というのがあって、国際的紛争について審議してくれる組織がある訳だから、韓国があくまでも独島だと言い張るならば、日本と一緒になって提訴すればよいのにと思うのだが、裁判イヤだ!ということは、、、、自分たちの主張にムリがあることを充分解っているからだろうな。

そして尖閣だって、中国は日本に対して国際司法裁判所に提訴を呼びかければよいのに、それをしないということは、、、やはり、自分たちの主張にムリがあることを充分解っているからだろうな。

誰か〜!シロートでも解るように解説して欲しいワッ。

夏が来ると思い出すのは尾瀬の水芭蕉だけでいいのに、

来年もまたこんなハナシでウットーシー思いをしなけりゃならんのだろうな。

夏になると中道右派になる。


.

さて、ハナシはガラッと変わるのだが、銀座のさる中華屋でランチタイムのご飯を食べていたときのこと。その店はカウンター前がオープンキッチンになっていて、コックたちの会話、オーダーを通す声がすべて中国語だからエスニックムード満点でそれはそれで心地よいものがあるのだ。そんなムードを味わいながら気分よくご飯を食べていたときのことだ。目の前では、おりしもランチタイムということでサービスランチ用の料理を大中華鍋で作っている。そんなカウンターの動きを観察していると、、、オヤジが出来上がった料理をお玉ですくい、そのまんま口をお玉につけて味見をして、味の素かなんかを少し振りかけて、同じお玉で中華鍋の中味をかき回しているのを見てしまった。

オイオイ、キッチンの中が丸見えなんだから、中国ではソレでいいかも知れないけれどサ〜、口をつけたお玉をそのまんま使うんじゃなくって、小皿にとって味見をするとかさ〜、気を使ってくれよ。

どこでダレが見てるか解らんぜッ!

Sikiri5_naruto_2

世田谷通りでラーメンを食っていたときのことだ。

久しぶりに入る店だが、この15年くらいのあいだに数軒の支店も増えて商売繁盛ケッコー結構。ムカシの味と違っているなッと思いながらネギラーメンを食べていたのだが、大鍋の前に陣取って麺を茹でる係の青年が顏を両手を抑え大音響のクシャミをしやがった、、、、それも2回も。

カウンターに座ってラーメンをすすっている私としては「ヤツは当然手を洗うだろう」とさりげなく観察していたのだが、件の青年は何事もなかったかのように新しい麺を手で掴んで、モミモミほぐして大鍋に放り込んでいる。

オイオイ青年ヨ〜、、、、。出物腫れ物ところ選ばずだけんども、、、そりゃぁ、、、麺は大鍋の中で茹でりゃ滅菌消毒にはなるんだろうが、こういう場合は、いちおう、手を洗うのが料理人のモラルじゃないか?

どこでダレが見てるか解らんぜッ!

Sikiri5_naruto

金曜日恒例の首相官邸前ご挨拶に伺っているときのことだ。

6時のスタートを前にフェンスに寄りかかりながら様子を観察していたのだが、オマワリさんもどこかノンビリムード。装甲車の前で若い男女のオマワリさんも二人で談笑している様子。そのうち冗談がキマッたような感じで男女二人のオマワリは大口あげて笑いあっていやがる。

前出の中華屋とラーメン屋のときは、私が食べたあとのことで「この店にはもう来ることがない」と決めたから文句を言わずに黙ってやり過ごしたのだが、首相官邸前男女オマワリは、これからも付き合いが続くワケだから黙っていなかった。

ヤイ!そこのオマワリ!

テメーら!

何がオモシロくってそんな大口開けて笑っているんだッ!

職務中にそんな下卑た笑いをするんじゃないッ!

ちょっと、、、コッチに来い!

自分でもこんな声がどこから出るのかと思えるほどの大声。二人のオマワリ指差して怒鳴ったワケだ。男女二人のオマワリは顏を引きつらせて装甲車の陰で固まってしまった様子だった。

オマワリさんよ〜、、、

どこでダレが見てるか解らんぜッ!

ところで、来週また来るからよ〜。

.
急に元気を取り戻したように
総裁選の下工作に走り回る先生方の
血色良い顏を見てると
.
ヤイッ!テメーら!
.
そんなことは解散のあとにやれヨッ!

.
先ず解散だろがッ!

.
 第一
.
選挙に勝てる顏なんて


. 
ダレもいやしねーじゃないか!

.
こういう恥さらしな政治家の顏は忘れないようにしよう。
.
テレビに怒鳴ったりして
このところスッカリ小言幸兵衛になってしまった。
.
.

|

2012年8月27日 (月)

気分は一世

皆さ〜ん、、、、溶けてませんか〜?

文章を考えたりするのも億劫うな気候だから、写真でどうにか体裁を保っているつもりだけれど解っていただけるでしょうか。

そんな中新宿の高島屋へ。11回でカメラフェアなる催し物があって冷やかしてきた。

先日ライカの5−60年前のレンズをオークションで買ったのだが、レンズフードが付いてなかったので探しにきたワケだ。私が医者だったらアレもコレも買っちゃうようなオールドライカのオンパレード。医者じゃないからただ指をくわえて見るダケ。ビンボ人は触っちゃダメダメ!お目当てのレンズフードもあったのだが、22000円の名札。一瞬クレジットカード出しかけたが思い直した。

銘機と呼ばれるカメラを見てしばしの目の保養して、あまり長くいるとまたカード出しそうな気がしてテキトーなところで退散。

この暑さのせいか新宿駅南口を歩いているひとも少ない。

皆ビルの中で涼んでいるのだろう。

甲州街道から御苑方面を見る。

120826_1

新宿駅南口、いつもヨシモトの芸人見習いが客引きをしている場所のエレベーター前。

以前はここにこんなオームマークの落書きがあったのだが。

120826_3

a

今日通りかかったら消されていた。

120826_2

センスの悪いオームだったから消されて良かった良かった。

というワケで、、、

さて、

昨夜の夕飯はコレだった。

群馬県大泉町のブラジルツアーへ行ったときにお土産に買ってきた、ブラジルのソウルフードであるフェイジョアーダだ。調理して冷凍パックされていたものを解凍しレンジで温めご飯にかけるだけだ。冷凍ものといえども充分本場の味を伝えてくれる。

フェイジョアーダ

120826_5

a

石原裕次郎の歌を聞きながら
フェイジョアーダを食べ
故郷を偲ぶ日系1世のつもり。 
.
♪ア〜カシヤの花の下で〜
♪あのコがそっとまぶたをふいた
♪赤いハンカチよ〜
♪恨みに濡れた目頭に
♪それでも泪がこぼれて落ちた。

.
ちょっと
わざとらしかったかな。
.
.

|

2012年8月26日 (日)

大泉町へ行ってきた

群馬県大泉町は新宿からバスで東北道を通って約2.5時間だった。

新宿を出て山手通りを走っているんだろうとは想像つくのだが、山手通りは地下に潜ってしまい、その変わりようにビックリした。たぶん山手通りを通るのは20年ぶりだと思う。

なぜ群馬の大泉町などを目指していたかというとはとバスのツァーで

日本にブラジルがあった!

踊る大泉!

ブラジルサンバショー

という、日帰りツァーの広告を見たのだ。

大泉町にブラジル人コミュニティができているというニュースは知っていたから、ブラジル好きとしてはいつかは行ってみたいと関心をもっていた。観光振興を図りたいという大泉町役場とはとバスとのコラボレーションで成立したツァーのようで、当日の参加者は40人くらいかな。

高速道路を下りて先ず向かったのはレタス工場だ。屋内で、外気にふれずに蛍光灯の光を当てて機械的に管理した結果、洗わずにそのまま食べれる清浄レタスが完成するというワケだ。一粒の種から葉がふだん私たちが見ているレタスまでの成長をガラス越しに見ることができる。

大泉野菜工房

120825_1

工場内の見学が終えた後は数種類のレタスを食べ比べ試食会。希望者はお土産に購入もできるというワケだ。

建物を見て気がつくように、この野菜工房、もともとは精密機械工場だったものを一連の機械管理技術を野菜栽培に転用したアイデアのようだ。硬い機械から柔らかい野菜へ。技術のもとはどんなものにも通じるということだろう。

サンプルのレタスを試食し終えたころにちょうど昼頃で、近くのブラジルレストランへと移動だ。

レストラン『プリマヴェーラ』

120825_2

ツァー代金8480円に含まれるビュッフェスタイルのランチタイム。

やはり、私はフェイジョアーダだ。

120825_3

ブラジルに奴隷として連れてこられたアフリカ黒人は、貧しさから牛肉には手が出ず、捨てられた臓物と豆を煮込んで食べていたという、ブラジル版ソウルフードだ。やがてシェハスコが現れ各テーブルを回って肉を切り落としていくというマコトに野趣に富んだ食事だ。

シェハスコ。

120825_4

そして、突如サンバダンサーが出現しての酒池肉林阿鼻叫喚驚天動地のドンチャン騒ぎだ。

お嫁サンバ=ヒロミ・ゴー

120825_5

たまたま8月25日(土)は浅草サンバカーニバルの日だったのだが、上のクロい女性はその浅草サンバカーニバルのポスターになっているひとだそうだ。

浅草サンバカーニバルのポスター。

120825_7

ツアーのナガレとしては心得たものでサンバダンサーとの記念写真の演出だ。

愛想200%のサンバダンサー。

120825_6

このツァー、大泉町とはとバスのコラボレーションと書いたが、大泉町観光協会派遣のブラジル人男女(3世、4世)が同行してくれて、ブラジル人が大泉町に集まるようになった歴史を解説するなどのホスピタリティ。

日常ポルトガル語のレッスン。

120825_8

青年がギター弾き語りで『♪イパネマの娘』を歌ったが下手だった。

食事の後は彼らの案内でブラジル人相手のスーパーマーケットなどの探検。

タカラス・パーマーケット

120825_11

a

ブラジル食材が山。

120825_10

a

牛肉のかたまりもブラジル仕様だ。

120825_9

a

こんな本も並んでいる。

120825_12

店員もお客もだいたいブラジル人だからブラジルのマーケットにいる気分。ウインドウを見ながら隣りのブラジル人に、おぼえたばかりの「ボンジーヤ!」と声をかけて笑いあう、、、異国情緒満喫だ。

大泉町は人口4万人強でそのうち約1割を超えるブラジル人が住んでいるといるといいます。高度成長期の日本の人手不足解消に導入されたのがブラジル日系移民の労働力。地元民と融合し、ときには軋轢を生みながらもブラジル人コミュニティが日本の各地にできて、日本の製造業を支えてきたのだ。大泉町には富士重工とサンヨーがある。

経済が成長しているうちは良かったが不況になれば真っ先に影響を受けるのが外国人労働者だ。手っ取り早い安全弁が弱者だ。職を失ったゆえに帰国せざるを得なくなったり、生活苦から家族問題が発生し事件になったり、日本生まれの子供たちの教育問題などデカセギの人たちの環境は徐々に悪くなっているといいます。

数年前ブラジルに行ったときに知り合った旅行代理店の40歳代の男性のことを思い出す。

そのネイティブな日本語に「あなたは日本人一世か?」と訊いたら、彼の言うにはこうだ。

父親が日本からの移民一世で自分はブラジルで生まれた。1980年代父親がデカセギとして日本に行き名古屋中京地区で働いていた。やがて家族も呼び寄せられて自分は日本の小学校に通った。あの頃は良かった。社宅は無料。年一回ブラジルに帰省するときは会社が家族の航空券を買ってくれたし、ブラジルの家も父親がデカセギのお金で建てた。それほど日系人は大切にされた。父親は事業資金ができると躊躇なくデカセギを止めてブラジルへと帰国し、自分もブラジルの大学を出て今日に至っている。

出稼ぎがデカセギになり、そのデカセギの日本人が金持ちになって帰国したウワサは広まって我も我もと日本を目指すようになる。正にジャパニーズ・ドリーム。労働力を求めた日本政府は入管法の改正でさらに日系ブラジル人に対して門戸を広げることになるのだがバブルの崩壊のタイミング。もはや求人量は縮小されていく時代への突入だ。そんな日本の状況の中でも、いったん火がついたブラジル人のデカセギ熱が冷めることなく、日本行き順番待ちが引きも切らずだったらしい。

日本とブラジル間の航空便も乗客減少で廃止され、今では日本の状況はブラジルでも知られて「日本はかつての日本ではない」との警告。新規デカセギ希望者の数も一時ほどではないらしい。

かつてデカセギ全盛時代は大泉のこのあたりはもっとブラジル人で賑わっていたのだという。

  「サンヨーがどうなりますかネ〜」

大泉のブラジル人にとって重要な働き先だった富士重工とサンヨーのうちサンヨーがダメになり、パナソニックが再建してくれるのか?街を案内してくれた青年にとっては重大な関心ごとのようだ。

毎夏代々木公園では『ブラジルフェステバル』という催しが開催されていて、いつもいつもブラジル人のラテンパワーに圧倒されて帰ってくるのだが、その盛り上がりに比して彼らの環境は劣化されていくのだろう。

大泉のタカラで買ったもの。

120825_13

◯フェイジョアーダ(電子レンジで温めてカレー風にご飯にかける)

◯アサイージュース(アサイーという木の実のジュース。元気が出るといわれる)

この大泉町ブラジルツァーは3時ころに大泉町を出て新宿着が5時ころ。
温泉があるワケでもないし目玉になる名所旧跡あるワケでもない。
それでも異文化体験として充分に楽しむことができた。
.
はとバスに義理があるワケでもないが
誠実な旅行を企画したはとバスと大泉町に拍手。
年内数回このツアーがあるそうだから関心お持ちの方はネットで検索を。
.
.

|

2012年7月22日 (日)

ブラジルフェスティバル2012

本日も代々木公園へ。

といっても反原発デモではなく、恒例の『ブラジルフェスティバル2012』だ。

会場にサンバのリズム鳴り響けば一挙にヒートアップ。

ホントにラテンのひとは乗りが早いんだから。

120722_1

a

ズドドン!ズドドン!と地面を揺らせたタイコ隊も一休み。

120722_2

a

カポエイラ教室も。

120722_3

a

やはり恒例の美人コンテスト。

120722_4

a

昼ご飯はもちろんブラジルの国民食フェイジョアーダ。

120722_5

a

たぶん在日ブラジル人の労働環境も年々悪化しているんだろうが
この日だけはサンバのリズムに身体を任せて
ダンス・ダンス・ダンス。
.
.

|

2012年7月 1日 (日)

須藤元気インストアライブ渋谷

たぶん多くのブロガーが本日はこんな書き出しだったんじゃないかと思うので、

私も、、、

きょうから7月、早いもので一年の半分が終わっちゃいましたネ〜。

首相官邸前デモはたんにオカミ野田政権への抗議を増幅させただけでなく、そのデモをメディアがどのように報じたかによって、メディアの姿勢をもアブリ出すことになったようです。

デモについては無視をキメこんだオカミの意を忖度したかのようなメディアの姿勢は国民の信頼を失うことになるのです。

メディアも思いがけないことで踏み絵を踏まされたワケだ。

2012.07.01(日)

空模様がハッキリしなかったが渋谷へ。

道玄坂上の道頓堀劇場前の喜楽でまずは腹ごしらえ。

喜楽のらーめん

120701_1

その後、道頓堀劇場へ突撃ということでもなく、

タワーレコードへと行ってきたのだ。

先日須藤元気WORLD ORDERの新アルバムを買ったとき、本日のインストアライブの入場券もサービスで貰ってあったのだ。午後1時からの開演ギリギリに行ったのだが、かなりのお客が列を作っていた。このところ毎日WORLD ORDERを聴いているのだが同好の士がこんなに多いのかと嬉しくなってきた。

渋谷タワーレコード

120701_2

タワレコ地下ホールには500人くらいのお客で熱気ムンムン。スタンディングで後ろの方にいたのだがステージ全体は見えず、天井のモニターで見ていた。30分ほどのパフォーマンスだったが会場は大いに盛り上がり、あとは7月11日(水)有楽町東京フォーラムでというワケだ。

あのドデカイ東京フォーラムで
彼らがどんなステージをみせてくれるのか
とても楽しみだ。
.
.

|

より以前の記事一覧