« 西葛西のオーム | トップページ | デモの切り抜き18 »

2012年10月30日 (火)

東京ラーメンショー2012

毎年開催の『東京ラーメンショー2012』が今年も駒沢オリンピック公園で開催されている(2012,10.26〜11.4)。全国から味自慢のラーメン店が駒沢オリンピック公園に集結して腕を競い、一挙に儲けようじゃないかという解りやすい催しだ。日本めんくい党総裁としては石原新党や橋下維新との連携可否についての相談も大切だが、党勢拡大を占うためにも外せないイベントなのだ。


121031_1

じつは昨日夕方のテレビニュースでこのイベントのことを知ってたワケだが、放送されたのは何曜日の取材だったのか?会場は麺好きでパンパンに膨れ上がっていて、30分60分待ちの行列が何本もできあがっていたとのことだ。毎秋のこのイベントもすっかり駒沢公園に定着してしまった感がある。

平日のきょうはそれほどの人出もなく静かなものだ。

まず、何ヶ所かにあるチケット売り場で
共通食券¥800を買う。

121031_2

a

特設ステージでは景気付けに踊りのパフォーマンスもある。

121031_3

各店舗前の行列の長さはその店の人気度のバロメータ。長い列もあれば、ソコソコの店もある。

行列ができない気の毒な店もある。

121031_4

私が食したのは行列が5人ほどの名古屋あたりから参戦のベトコンラーメン。10分ほどの待ち時間で真っ赤な具が乗ったドンブリを手にした。

ラーメンの上に豚キムチを乗っけたような、要するにガテン系御用達というスタミナラーメンだ。塩っぱすぎて食後ノドが乾いてしかたなかった。

ベトコンラーメン。

121031_5

800円というのは高過ぎる感があるが、年1回のラーメン祭りで、ハナシのタネだと思えば、マッ!それもいいか。

これから行こうかと思っているあなた!たぶん土日には大変な人出で長い行列に並ぶことになるだろうから、覚悟してラーメン食いに行かなければなりませんヨッ。

Sikiri5_naruto_2
.

それにしても、この行列を見ると、日本人というのはホントに麺好きで、物見高い民族だとつくずく思います。カレーラーメンというインド人もビックリのラーメンもあったから、日本人の探究心は止まるところがありません。

そんなご当所ご当所の特徴を生かしたラーメンがあるけれど、私の一番好きな東京のラーメンはこれ。

渋谷道玄坂道頓堀劇場前『喜楽』のラーメン。
醤油系スープに焦がしネギのアクセント。

121031_6

大量のオーダーをさばく、厨房の二人の阿吽の呼吸はお見事!というしかない。もちろん永年のコンビだから味も変わらない。かつては紅顔の美青年のお二人だったが、いつのまにかジジーになって典型的ラーメン屋顔になってしまいました。

このコンビの仕事ップリをカウンターに座って見るだけでも
渋谷『喜楽』に行く価値はあります。

Sikiri5_naruto_3 .
.

|

« 西葛西のオーム | トップページ | デモの切り抜き18 »