« way to いもや | トップページ | 車中にて »

2012年10月 6日 (土)

デモの切り抜き14

首相官邸前デモに参加の人々の間ではメディアに対する不信感が固まっている。つまりメディアは国や財界の走狗に成り下って、国民に真実を伝えるというという本来の目的から逃げているという不信感だ。だからデモ会場では新聞購読を止めよう!と『不買のススメ』なる自作チラシを毎回配布しているひともいる。

昨夜の一分間スピーチでもそんなメディア不信の思いをぶっつけるひともいた。

全国農業協同組合中央会(JA全中)が「将来的な脱原発」を活動方針としたことを報じたのは東京新聞だけで他の大新聞は黙殺したことを指している。

2012.10.06(土) 東京新聞

121006_1

首相官邸前デモは、単に『反原発』だけに止まらず、オカミやその広報機関のメディアに対する監視の目を強めようという市民を育てているような気がする。

昨夜(2012年10月6日)の金曜恒例首相官邸前デモだが、私が地下鉄千代田線国会議事堂前に着いたのは夕方5時10分頃。改札を出たところにはオマワリが1人立っているだけで、そのオマワリもノンビリ感を漂わせている。デモ参加者減少により警備体制を緩めたものなのか、それとも経験を積んだ結果少人数でも対応できるようになったと判断したものなのか理由は解らない。

いつも定位置の南無妙法蓮華経グループ。

121005_1

6時過ぎからは参加者がドンドン増えてきた。

このホラ貝も定位置。

121005_2

a

本部エリアでは母子と思われるタイコ隊。

121005_3

地下鉄千代田線4番出口前を通る十字架を担いだキリストさん。

十字架のテッペンは
弁舌爽やかに記者会見こなしていた通産省のお役人の写真。
.
記者会見の合間に
女子職員にも弁舌爽やかしたのがバレちゃって
左遷されたお方だ。

121005_4

先週は参加者が減少して「このデモも一過性のモノだったか」と思ったのだが、
.

以前の盛り上がりを取り戻したようだ。

121005_5

財務省から首相官邸前にいたる上り坂。街灯柱に日の丸ともう一つの国旗がある。

私はもちろんこの旗がどこの国旗か知っていたが、警備のオマワリにトボケて訊いてみた。

「アノー、、、この旗はどこの国旗なんですか?」と私。

そのオマワリは知らなかったようで別のオマワリに訊いている。

「マレーシアだそうです」とオマワリ。

「そういえばマレーシア国王ご夫妻が来日しているとニュースでやってましたネ」と私。

「そうです」とオマワリ。

このオマワリさん、私の術にハマってしまった。

「ということは、、、

マレーシア国王ご夫妻も

今夜の首相官邸前デモに参加するということで

歓迎の旗を飾っているんですネ」

「?????、、、・・・・」とオマワリさん。

2012年10月5日(金)首相官邸前。

121005_6.
オマワリさん
つきあってくれて
ア・リ・ガ・ト・ウ。
.
まだまだ途絶えそうにない
金曜夜官邸前反原発デモだった。
.
.

|

« way to いもや | トップページ | 車中にて »