« 神さま仏さま岡田さま | トップページ | パラグアイは蜃気楼のようだった »

2010年6月27日 (日)

ボツになっていたオーム写真

アップル銀座に行くために西銀座デパート前を歩いていると

  「ンッ?オーム?」

ショーウインドウの前で立ち止まった。

100607_4

NuBra©のBがオームに似ていたというだけのハナシなんだが、、、。

100607_5

こういうショーウインドウをいつまでも見ていると“変なオジさん”と思われそうだと気がつき、あわててその場を離れた梅雨時の夕暮れでした。

このように街で見かけたオームマーク画像をネタにアップしてきたが、本日はオクラ入りしたままのオームを画像ファイルの中から発掘公開いたしましょう。

千駄ヶ谷東京都体育館前で見かけた
ネパール人のオーム。
100609_2_2

a

フリーマーケットで吊るしてあったオームシャツ。
100609_3_2

a

代々木公園フリーマーケットで見かけたオーム。
パンツがオーム入り。
100609_1_2

a

千駄ヶ谷のフリーマーケットで売られていたオーム入り布。
100609_4_2

a

これも千駄ヶ谷フリーマーケットで見かけたオーム。
100609_5_2

a

その国際カップルのヘルメットには
オームマークのシールが貼られているのを
ワタクシは見逃さなかった。
100609_6_2
あああ

自分から言うのもナンだかチャパティ、、、。このように、フリーマーケットで見かけるオームというのも当たり前すぎてオモシロミに欠けるからアップしなかったのだが、ハードディスクの奥から「オレをブログにアップしろ!」という声が聞こえてきたワケだ。

そして、本日の最後はこの画像。

浅草の裏通りで見かけた女性。
100609_7

「オームじゃないか?」と思い「写真に撮らせてくれないか?」と頼んだら「いいわよ」とアッサリ肩口を広げて見せてくれた女性。

でも、梵字は梵字でも・・・よく見るとオームとは違ったみたい。

感動的なオームとはなかなか出会えなくなったこの頃だ。

a

a

|

« 神さま仏さま岡田さま | トップページ | パラグアイは蜃気楼のようだった »