« スティーブ・ジョブズ/林信行 | トップページ | 『神話の力』より〜死と再生 »

2007年12月20日 (木)

神田小川町達磨のたいやき

ラミレスが巨人かい?

2007.12.19(水) 日刊スポーツ

71220_5

ハウエルもペタジーニもラミレスも、全くの無名選手を発掘してきて、ホームラン王にまで仕上げたのがヤクルト・スワローズ。それだけ人間の能力を見極める眼力と選手育成力があったことになります。それに引き換え、金の力を背景に他チームの有力選手をただ引っぱってくるしか能のないのが巨人。そして、せっかく大金ははたいて呼んできた選手でも、力を発揮できないまま寂しく選手生命を終わらせてしまうのも巨人です。

目先の勝利ばかり狙わずにジックリと選手を育てろよ。そうしないと、ジリ貧になるばかりでっせ!

プロ野球選手の移籍に選手個人の意向がどれほど反映されるのか知らないけれど、ラミレスも、ハウエルやペタジーニの末路を知らないワケでもないだろうに。ナニも巨人なんかに移らなくってもなぁ。

Sikiri

神田駿河台下三省堂本店の並び、すずらん通り入り口にあるのがパセラリゾーツというカラオケビル。そのビル地下にランチバイキングの店がオープンしました。どうやらダーツスペースが開くまでの昼の時間をバイキングにするという、つまり、スペースの有効活用ということらしい。物見高い私としては早速行ってみました。

71220_3

このように10数種類のメニューが食べ放題飲み放題。料理は和風・イタリアン・バリ・ベトナム等々と、要するに“無国籍料理”というわけ。これで980円なり。まぁ、味はともかく、お腹がイッパイになるということは間違いありません。

最近ではラーメン屋でもトッピングなどといってイロンなものを追加でとったりすると、軽く1000円を超えるほどですから、そういった点から見れば案外安いといえるのかな。

何度か紹介した池袋大勝軒の分家筋にあたるお茶の水大勝軒。その大勝軒と靖国通りを挟んだ向い側にオープンしたのがつけ麺さとうというラーメン屋。

野菜つけ麺¥750

71220_4

このつけ麺さとうも、最近の新規ラーメン屋に多く見られるどこか地方の繁盛店が勝負をかけての東京進出という流れにあるらしい。向かいのお茶の水大勝軒の客入りが気になるらしく「いらっしゃいませ〜」などと接客しながらも、チラチラと大勝軒に目をやるのを私は見逃さなかった。やっぱり意識しているんだなぁ。

靖国通りと本郷通りの交差する小川町交差点も角。携帯電話屋が店じまいして内装工事が始まったから、「どうせラーメン屋だろう」と見ていたら、開店したのがたいやきのお店。

71220_1

さっきマーボ豆腐定食食べたばかりなのに、表に洩れてくる香ばしい匂いに引き寄せられて試食。

薄皮にほど良い甘さのあんこ、サイズも小ぶりでちょうど良い。

神田達磨のたいやき¥140

71220_2
なるほど
たいやき屋というがあったか。
これだったらラーメン屋ほど体力もキツくなさそうだから
弟子入りして修行したいな。
でも
140円×10=1400円
140円×100=14000円
140円×1000=140000円
たいやき1日1000枚売るのはキツイかな〜。
こんなことを思った真冬の昼下がりでした。

a
a

|

« スティーブ・ジョブズ/林信行 | トップページ | 『神話の力』より〜死と再生 »